久留米 車を売る時の必要書類

車を売る時にどんな書類が必要?

車を売る時に、幾つかの必要書類を揃える必要があります。

 

車検証は、所有者や仕様書を証明する書類で、常時携帯する事が義務づけられているので、通常はグローブボックスの中などにありますが、紛失した場合は運輸支局などで再発行してもらいます。

 

自賠責保険証は、加入が義務付けられている保険で、期限が切れていると売却できないので注意が必要となり、紛失した場合は加入した保険会社で再発行が可能です。

 

印鑑登録証明書は、普通自動車の場合に必要となり、発行後3ヶ月以内のものが2通必要となります。

 

納税証明書は、税金が納められている事を証明する書類で、紛失した場合は都道府県の税事務所や市町村役所などで再発行ができます。

 

銀行口座は、売却する車の代金を銀行振り込みで行う場合に必要になり、口座番号のメモ書きでも大丈夫です。

 

印鑑は、店側で用意する委任状や譲渡証明書に捺印するために必要となり、普通車の場合は実印が必要になり、軽自動車は認印が必要となります。

 

これらの書類の他に、住所変更があった場合は住民票が必要になり、住所変更を複数回経た場合は戸籍の附票や住民票の除票などが必要になり、姓が変わった場合は戸籍謄本が必要になりますが、車検証に記載されている所有者の住所などが変わった場合は、原則15日以内に変更手続きを行う必要があります。